妊娠中のダイエットにはシリアルがおすすめ

シリアルダイエットとは、グラノーラなどの麦をはじめとした穀物やドライフルーツを組み合わせたシリアルフーズに、牛乳やヨーグルトをかけるダイエット方法です。
アメリカの朝食ではグラノーラを食べるのが一般的で、日本でも認知度が増加し健康的な食べ物として注目を浴びています。
シリアルダイエットは、1日3食のうち1食を置き換えるだけなので無理なく減量ができます。
ダイエットの大敵である甘いお菓子を食べたくなったら、グラノーラやフルーツを食べて、空腹感を満たします。
土あたりがよくて食べやすいシリアルは、妊娠中の減量にも適しています。
妊娠中の体重の過剰な増加は糖尿病などを引き起こす可能性があります。
また妊娠中は特に初期ではつわりがひどくなり、食欲が低下します。
自分が食べられる好きなものだけを食べると、栄養が偏ってしまい肥満になることもあり、栄養バランスが取れた食事が適しています。
そこで、栄養バランスを考えて作られたシリアルが母体に良い影響を与えます。
牛乳と一緒に取ることで、カルシウムなど妊婦に必要な栄養素をしっかり摂取できます。
食物繊維を多く含むものを選べば、妊娠中の便秘改善にも役立ちます。
牛乳の独特な香りが受け付けない場合、豆乳やヨーグルトなど他の食材に変えることで、栄養を補います。
青汁と牛乳あるいは豆乳をかけると、栄養価が格段に上がるので、ダイエットだけではなく美容や健康にも良いとされます。
シリアルダイエットに失敗する多くの理由が、味に飽きることです。
時々シリアルの味を変えることで、継続して食べられるようにします。
口の中でシリアルが唾液で膨らみ柔らかくなるまで噛むと、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防げます。